多目的ローン

便利なローン

多目的ローンは、「フリーローン」とも呼ばれ、銀行、信用金庫、信用組合、労働金庫、JA、消費者金融会社などが取扱う資金使途が自由なローンをいう。一般に資金使途が自由なカードローンとは異なり、申込みの際にその都度審査があり、借入時に「借入契約書(金銭消費貸借契約書)」を取り交わす方式が一般的となっている。また、資金使途が自由なため、住宅ローンや教育ローンなどより、金利が高いことが多い。これには、無担保型と有担保型の2つのタイプがあり、無担保型は結婚・旅行・趣味・レジャー・引越しなど小口のローンなのに対して、有担保型は別荘購入や相続資金など大口のローンになっている。なお、ローンの申込みの際には、印鑑、免許証やパスポート等の本人確認書類、源泉徴収票等の年収を確認できる資料、資金使途を確認できる資料などが必要となる。

 

なお、多目的ローンは、自動車、婚礼、旅行、家具・家電、墓苑、カルチャー、引越しなど、ライフプラン上の資金ニーズに合わせて自由に借入れができるが、以下の資金使途のものについてはその対象外となっている。

 

・日常の生活資金
・事業性の資金
・投機性の資金(ゴルフ会員権、株式購入資金等)
・他の金融機関からの借り換え資金
・見積書や契約書等により資金使途を確認できない資金 他

多目的ローンとは、使用用途が自由なローンの事をいます。フリーローンとも呼ばれていますね。銀行や信用金庫・信用組合・労働金庫・JA・消費者金融会社などの各金融機関で取り扱っています。

 

住宅ローンの場合は、家の購入費用に。自動車ローンなら車の購入費用に。といった感じで、通常は各ローンによって使用用途が決まっているんですが、多目的ローンの場合は使用用途が自由となっているので大変便利ですよ。

 

多目的ローンを使われている方の多くが、「結婚式の費用」「医療費用」「家電製品の購入費用」「車の購入」「引越し費用」などなど、比較的高額なお金が必要な時に利用されている方が多いような気がします。

 

私も、一度結婚式の費用が足らずに多目的ローンを利用した事があります。結婚式の場合、式場にもよるとは思うんですが基本的に先払いじゃないとダメだ式場が多いと思います。

 

私が行った結婚式場も、式・披露宴の費用は先払いになっていて支払いしなければなりませんでした。貯金額は僅かしかなかったので当然ながら全額支払うことなど出来なかったので、多目的ローンを利用するようにしたんです。

 

結婚式の2週間前に申込みして、1週間後には審査にも通過して無事借りる事が出来ました。私が借りたのは銀行の多目的ローンだったんですが、金利も低金利設定になっていて、とても利用しやすくなっていましたよ。

 

結婚式後に、ご祝儀分ですぐに全額返済したので、支払った利息も本当に僅かなものでした。

 

このように、いざという時に多目的ローンは便利だな♪って感じましたね。

 

多目的ローンを利用できないケース

使い道自由となっている多目的ローンなんですが、いくつか利用できないケースがあります。銀行などの各金融機関によって違いあがるかもしれないですが、よく聞くのが、、、

 

・事業性資金
・投機性の資金(ゴルフ会員権、株式購入資金等)
・他の金融機関からの借り換え資金
・見積書や契約書等により資金使途を確認できない資金
・個人間の売買契約
・日常の生活資金

 

といった事に利用するのが出来ない場合があります。ちょっと難しそうなケースばかりなので、あまり関係ないかもしれないですが。。。

 

ただ、日常生活資金に関しては誰でも関係がある事だと思います。生活費が足らない・家賃が払えない・光熱費が・・・など生活上でお金に困る事があると思うんですが、このような時は多目的ローンの利用が出来ません。

 

もし、生活資金を借りたいというのであれば、消費者金融や銀行から発行されているカードローンを利用するようにすればいいですよ。カードローンも多目的ローンと同じで使用目的は自由となっているんですが、更に使い道の幅が広く、生活資金などに利用する事も可能となっています。

 

また、審査時間も早く、最短で即日融資も可能となっているので急ぎの時なんかでも便利ですよ。

 

カードローン利用希望の方はこちらのサイトを参照にしてみるといいでしょう⇒≪お金を借りる急ぎ